2019年11月6日水曜日

本日から発売開始!

午後から雨になるでしょうプロデュース#9
「クライマガコ、宵をゆけば」
12月13日(金)~15日(日)
APOCシアター

本日より、チケット発売開始でございます!!
よろしくお願い申し上げます!!!!!!!!

という本日。
健康診断でした。


いっつも悩ませてごめんね、採血のお姉さん。
健康でありますように。

と、祈りつつ、ちょっと催事を覗いてみたら


まずい棒発見!
日野日出志好きの浅川にしか共感してもらえないまずい棒。
おすそ分けしますとLINEした。

そして、喫煙所にて。
カマキリと遭遇。


たまに驚くような場所に、カマキリっているよね。
ひとの肩、垂直の壁、ガラス窓……などなど。

さっき「え?向こうが見えるのに、何故進めないの?なんだこの見えない壁は!?」みたいな動きを5分以上していたカマキリがいてね。

もうずっと見てたんだけど、前足、後ろ足使って、めっちゃ確認してるわけ。

カマキリってガラス、見えないの?

仮に。
 
1.歩いていたら進んでいる先が急に垂直になった。
でも、見える景色的にはそんな垂直の道はない。
けれど、オレは先に進むのだ、という気にしない派閥が、窓ガラスなどにのぼっている。
 
2.歩いていたら急に地面が垂直になったけど、高いところは安全(?)だから、結果良し派閥が、こちらも気にせず窓ガラスにのぼっている。
 
がいたとした場合。

くだんのカマキリさんは、世間に一石を投じる「これはなんぞ!」という疑問を持ったカマキリさんであった可能性があるのではないか?

「ここにはなにない(見えない)のに、壁みたいなものがある! なんぞ!?」
という新たな疑問を持ったカマキリさん。
その小さな一歩だったのでは?
 
その小さな一歩を踏み出した世界中のカマキリさんが、その地域に特化した属性を伴い、ネオカマキリとなって新たなるカマキリとしての……

とか思ったんだけど、そんなに寿命長くないからワタシが生きているうちにネオカマキリになることはないだろうし、よく考えたら複眼の生物のものの見え方なんて理解できないし、思考も同じなわけないんだよな。

複眼の世界、おっかな。

というわけで、思考停止。


シーズンフラペが品切れになるとでるやーつを買って、仕事に戻る。


気がつくとカマキリさんのことを考えてしまう。
そんなことより、朗読台本のことを考えろよってことなんだよなー。



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


2019年11月5日火曜日

心からスニーカーがほしい


ストロベリーもピスタチオも、ほんのりで残念だった飲み物を、飲んだ。
残念だな、という思いと、やっぱりこんなもんかがマーブル模様。

パッケージのクリスマス感で、もうすぐクリスマスなのかー。
とじわじわ。
自分に何かを買う言い訳になるから、クリスマスは良いものです。
今年はどんなものを「クリスマスプレゼント」にしようとするでしょうか。


買い物ついでに前を通ったら、「獺祭アイス」が復活してたーーーーー!
ので、獺祭といちじくワインをチョイス。

うまい。
とても。



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


2019年11月3日日曜日

稽古場から稽古場へ

午前中、たいがたんとカフェオレを飲むことが習慣になっている品川WSの日。
今日も今日とて、カフェオレを飲む。
そして、打ち合わせをする。

さて、今日のメニューは、「みんな覚えてるかな? ドッキドキ粗通し大会」。

記憶が試されるよ。
予想通りグダグダだったよ。
しかし、これを経験してくれると、次回からラクになる。
はず。
なんだけど。

もうグダグダになるのイヤでしょ?
だから、ちゃんと覚えたり、メモしたり、するようになるはず。
なんだけど。

みんな、がんばってね。

てなわけで、さっさと来年のスケジュール打ち合わせを事業団さんとしたかったんだけど、時間まで自主練している人たちがいるので足止め。

いや、自主練はいいことなんです。
とてもうれしいし、喜ばしいし、応援したい!

ただ、今日はタイミングが悪かっただけ(笑)
打ち合わせを終え、ダッシュでゴゴアメ稽古場へ!



クライマガコ、稽古2日目


本日は稽古場に、切り絵の松隈量さんもいらしてました。
あとゴゴアメのお母さんてき存在、タキさんも。
男性だけど、お母さん的な存在だとワタシは思っている。

更に、全員集合の巻で、最初から最後まで通して読むと言うなかなかこの時期にはないメニュー。

順番に各短編を読み、あやさんからダメ出しをされ、次のお話へ。

それぞれみんな、割と明確なダメ出しをされていたけど、ワタシは、「とりあえずダメ出しははぶいて先進みます」。
「まりは、がんばってください」。

の二言しかもらえませんでした。

そんなに出来てませんでしたか?
という方向と、割と出来てたんですか?
という方向がありますが、とりあえず、「そんなにダメだったんですか」を選択して次回の稽古に生かそうと思ったのですが、その次回に生かす素材がダメ出しが無いのでないと言うジレンマに陥りました。

ま。
なんとかするでしょう、きっと。
明日からのワタシ、がんばれ。

りょうさんがいらっしゃるので、ちょこっと乾杯しに居酒屋へ。

フライヤーの写真を見れば分かるとおり、あんなに繊細ですてきな切り絵を作っているりょうさん。
なんとイケメン。

神様、あんたどーなってんだよ。
天は二物を与えないんじゃないのかよ。
ステキな切り絵を作る才能を、イケメンに与えるって、どーなのさ!

と思う程度に、イケメンで驚きました。
公演中、毎日小屋に来てくださるそうなので、そのイケメン振りもご確認ください。
二物与えられてるんで。

知らんだけで、五物くらい与えられてるかもしれないけど。
だって、イケメンの上に、いい人だったからねー。



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


2019年11月2日土曜日

きのう買ったドーナツのあなと稽古初日


ワタシ、ドーナツ、好き。
昨日買ったドーナツ、やっぱり、おいしい。


先週買ったスタバのベリージャムのドーナツも、とてもおいしかった。


メリーストロベリーケーキフラペチーノは、予想通りの味だった。
クリスマスだからピスタチオ、待ってるよーって思ったけど、今年もうピスタチオなんかで使われてた気がするからないか。


稽古初日

そんなワケで、本日はゴゴアメ朗読公演「クライマガコ、宵をゆけば」稽古初日。


いつも通り、各短編のタイトルは伏せております。
白っぽい方が、あすかたん。
グレーっぽい方が、真美子ママン。
ワタシの横には、木村摂津守あっくん。

いよいよゴゴアメ、始動です。



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ


作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

2019年11月1日金曜日

流行り

ゴゴアメ朗読本番用台本、最終便が届いた。
連載形式のように送られてきていた短編も、最終回を迎えたといったところか。

感想としては、「ワタシの大好きなマガコが帰ってきた!」という感じ。
マガコファンの皆様喜んでいただけそうだし、初体験の方にも楽しんでいただけると思う。
わくわく感が、ワクワクである。

そして、最後にアンサー的な集大成的短編。

おお。
今回も脚本が素晴らしいです。
知ってたけど。
またしても、つまらなければ演者の責任になりますわなー。

高いハードルほど燃える、というような性格ではないので「やったるでー!」みたいなことは言いませんが、粛々と越えていきたいとは思っております。

ステキな台本、物語に出会えてしあわせだなー。
と、今は客観的に浮かれていますw

さて。
そんな浮かれ気分の中、流行に乗ってみました。

ど゛い゛つ゛も゛こ゛い゛つ゛も゛狂゛っ゛て゛や゛が゛る゛ッ゛!!!!!

全然似てないんですけど。
ふざけた流行のやつ載せようと思ってたけど、SNSでやり散らかされているのでフツーの載せた。
何度か試してみたけど、男性ばかりが選出されて、その内2回が藤原ぱいせん。

脂肪の量はさておき、輪郭だけは似ているような気がした。


ってなことをしつつ、夜は品川WSの打ち合わせへGO。
この町はほとんど来ないけど、おいしいドーナツが売っているので、早めに到着して購入。
へいへい、明日が楽しみだぜー。

来年のスケジュールを詰めるなどして解散。
そういえば、チョコも計り買った。


手持ちの荷物が甘いものだらけなので、気分的にしょっぱいものを求めてしまう不思議。
まだ食べてないのにね。



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

2019年10月31日木曜日

HAPPY★HALLOWEEN!

DQW、試練の扉一週目の上級、クリアできませんでした。
勝てる気しないぜー。
クリアレベル、おかしくない?

と思っていたら修正された二週目、余裕でクリアできました。
とはいえ、ミッションは全部クリアできないけどな!

というわけで、

ハロウィンおめでとう


今日は一日「金曜日だと思い込んでいる人」の仮装をしていました。


気分だけでも盛り上げます。


そんな中、ゴゴアメ朗読公演の4本目の台本が届きました!!

最後の二行が秀逸すぎて、うなる。

すごくいっぱい詰まっている2行。
泣けもするし、ニコニコもできる。
無限の2行。
すげーなー。

益々続きが気になる、本番台本!!!!
明日で全部揃うっぽい。
楽しみ!



というわけで、ハロウィーンディナー。
ナイトメアビフォアクリスマスを流しながら。


関係ないけど、今日届いたんだー!
ハラマキーーー。
かわいい。
Mother!

「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


2019年10月29日火曜日

本番用台本来る

台本が来たーーー!!!!!!

先日、ゴゴアメの予備稽古がありましたが、ほぼ完成だけどまだ見直しをするという見直し校正の鬼・吉永亜矢先生の宣言通り、見直しを終えた台本データが送られてきました。

いつも、いつでも新しい台本を頂くと言うのはワクワクします。

宣伝文言にもありますが、今回は、各短編がつながっている? らしく、
しかし、そこはゴゴアメなので、そんな単純につながっているはずなかろうに……と思って、どうなっているのか興味津々なわけです。

台本の構成の説明と、読む人と、3本の台本が送られてきて、ほほう、とうなる。
うなるのです。

1本目から、この公演がつながっている気がして、うなる。
2本目は、衝撃が走り、うなる。
3本目には、変化があって、うなる。

これはまた、失敗したら演者の所為です。
ホンが素晴らしいのでさっさと予約した方がいいと思います。

さあ、続きが気になる!!!!!!
公演を観に来てくださる方は、この待つ時間がなくて羨ましいなーという斜め上のことを考えながら、続き! 早く! と思うのです。


「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

2019年10月27日日曜日

予備日とプレ稽古の違いをみた

午後から雨になるでしょうプロデュース朗読公演の稽古がはじまる。
昨日、台本が2本送られてきた。

今日は「予備稽古日」とスケジュールに書かれている日。
この予備稽古には、あすか座長とワタシの二人が呼ばれた。
送られた2本中、1本しか今日は読まないと予告されている。


思い起こせば、一年前「クライマガコのための遁走曲(フーガ)」のとき、「プレ稽古日」というのが稽古初日の前にあった。
プレって言ったって、稽古したら、それってプレでもなんでもなく稽古じゃないの???

という疑問を胸に稽古場に向かったことを覚えている。
蓋を開けてみたら、プレ稽古なんて言っていたけど、死ぬほどスパルタなしごきがあり、特にあすかたんはめっためたにしごかれていた。

帰り道、こっそりと「これって普段の稽古と同じだよね?」「むしろキツイよね?」と語り合ったことを昨日のことのように覚えている。

結果、プレ稽古の在り様についての答えは出ていないまま、あっさりと一年が過ぎ去ったわけなのだが。
ここに新たなる謎、「予備日」爆誕。

なんということ!
「プレ稽古」の決着がついていないのに「予備日」!

とは思ったけど、ま、行けば分かるだろうと気楽に出勤……するわけもなく、プレ稽古のしごきの経験から、気を引き締めて向かったのだった。

結果を先に言ってしまえば、本当に「予備日」だった!
予備とは、「前もって準備すること」。
その意味そのままの日であった。

「ここをどうしようか悩んでいる」
「実験したいから付き合って」
と言った、まさに本稽古へ向けての準備と演出補助的なことから、作家・吉永亜矢の苦悩と思いと、とにかく聞いてほしいこと、を聞いたりした。

ちょっと大丈夫か?
と思うほど、あやさんが興奮していて、興奮を自覚しているあやさんの挙動がおかしてくて、なんだかとても面白かった。
いつ興奮が冷めるのだろう、と思ったが、全然覚めなかった。

そんな時間を1時間30分ほど過ごし、「呑みに行きます」と宣言されたのでいつものお店に向かった。

おいしいものとお酒とタキさんがいらっしゃる以外は、ほぼ稽古場の延長だったが、ほぼ脱稿が見えたことがあやさんを興奮させているんだな~とぼんやり思う。

この無邪気に興奮している人が、あの素晴らしい脚本を書いてるんだよなー。
すごいことだよなー。
こんなに無邪気に興奮しているだなんて、あの朗読公演のお客様は想像もしないだろうなー。


想像しなくていいしね。


このししゃもがすげーおいしくて、おかわりを要求したくなった。

今日のセトリ。


特別なじこん!


ワタシの大好きな渓!
ワタシは、渓が大好きだ!!!!!!!!


「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

2019年10月26日土曜日

たのしいを育てる

緊張の朝。

翌朝、早く起きなきゃいけないときに限って、プレッシャーで眠れなくるのですが、見事に4時近くまで起きていたにも関わらず!
シャキッと? 起床&GO。

開院前、受付開始している皮膚科に無事到着。
30分くらいの待ち時間で済みそうだ。
これで今月の薬も安泰、品川にも間に合う。

決戦は土曜日

そんなわけで、一般発売日なんですよね。
1秒でも早く帰宅して、チケット待機したいわけなんですよね。
とか思っていましたが、あっけなく惨敗しました。

ちょっとーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
一気にテンションが下がったし、もう眠くなってきちゃったよね。
11時にお迎え来るのにね……眠い。


品川ミニミュージカル一応動きがついた

そんなで、本日は品川WSの日でしてね、たいがたんが車で迎えにきてくれることになっていたんですよ。
「おはよう!」と車に乗ったら、さっき惨敗したおじさんたちの曲が流れていて、なんとも言えない気持ちになったりして。


ステージの枠組みをバミっているたいがたん。
今日で動きを全部つけるつもりで、ダーーーッと進めたけど、予定通りつけられてよかった!
もう時間がない。

お芝居の出来よりも、どれくらい時間がかかって、どんなことを覚えて、どんな準備をして、お休みするとこれだけ色々つらくてってことを体感して欲しい。
来年のために。
と思っているんだけど、これはまだ言っていない。

本番は来年だからね。
最早、上手い下手は関係ない。

仮小道具を導入したら、休憩時間の子どもたちのはしゃぎぶりに拍車がかかった。
本番用の小道具は、休憩意中は触っちゃいけないようにしようかな。
いつか壊しそうだ。


雑食もりっと


WSが終わってから、たいがカーで打ち合わせをしながらタバコを吸わせてもらって、駅に向かう。
今日は、友人が東京にやってきているんだ。

ゴゴアメの稽古があったら会えなかったのだが、なんとか会えた。
よかった&よかった。

うまくいえないが、たのしいを育てることの重要性みたいなものを、彼女と会うとぐいっと考えるし、そうしなきゃ、と思う。
そういうのは貴重だと、大切。


お土産を頂いたのだけれど、パッケージが全部ピンクで「トータルコーディネイト?」って思ったり思わなかったり。

あざます&ごっつぁんです!

2019年10月24日木曜日

劇団可燃物退団のご報告

劇団可燃物を応援してくださる皆様、ご支援くださる皆様、楽しんでくださるお客様、いつもありがとうございます。

この度、劇団可燃物を退団いたしましたことをご報告致します。

理由は、音楽性の違いです。




ごめんなさい、書いてみたかったんです。
ごめんなさい、ごめんなさい。

旗揚げ前、1990年8月公演から今日まで、劇団可燃物と一緒に生きてきました。
一番長くいた場所であり、居場所でありました。
何度も辞めようと思ったことがありましたが、結局、浅川に先に辞められてしまうという事件w

新生可燃物として、何がやれるだろう、頑張っていこうと思って色々考えましたが、可燃物が大好きで、過去の公演、作品を愛しているからこそ、今の可燃物にはいられないと思うようになり、このようなご報告となりました。

劇団可燃物は、ワタシが生まれて、育った場所です。
ド素人のワタシをイキナリ舞台に立たせたわけだからw
振り返れば、ワタシの人生、ほぼ劇団可燃物なわけです。
浅川美也をはじめ、劇団可燃物劇団員のまき、にしだ、ゆうこ、過去の劇団員のみんな、いつも力を貸してくださる役者仲間たち、力強く支えてくださったスタッフさんたち、そして、なんと言っても観に来てくださったすべてのお客様のお陰で今の自分があります。
ですから、自分でもこの結果は残念だと思っています。
とはいえ、後ろを振り返るのは性に合わず、つまんないことをするのも嫌いだし、最早老い先短い中でつまんないことに時間を浪費している暇はなく、まだまだ伸びたい諦めの悪い役者なので(笑)自然とこの選択をしました。
これからは、フリーで役者を続けていきます。
どうなるかわかりませんが、やっていきまーす!

一応、12月に出演予定の舞台があるので、のちほどお知らせ致します。

今まで劇団可燃物に関わってくださったすべての皆様、お客様には心から感謝しております。
ありがとうございました!!
今後とも劇団可燃物のこともよろしくお願い申し上げます。
そして、浅倉のこともよろしくね!
よろしくね!

2019年10月19日土曜日

ラインハルトさま……宇宙を手にお入れください

ミニミニ発表会を控えている品川WS、そろそろ待ったなし! な時間になってきたので、演出たいがたんとMTG。


いつものお店で、雑談含め、のんびり色々と決めまして。
近況を報告したりして、2時間くらいで解散。

さて、DQWでもしますか!
目標、1万歩と決めてスタート。
ちょうどミッションイベントもやっているから、わかりやすい。

それにしても、追憶の賢者その3が強すぎて倒せません。
Lv50推奨で、ワタシがLv43なのがいけないのかもしれないけど、さ。
期間中に倒せる気がしない、悔しい。
もっとレベル上げしておくべきだったわー。

と思いつつ、くびき引いたら

ロト装備出たー!!



残るは、つるぎとよろい下!
間に合う気がしない……。
早くも再登場希望。

因みに、引きが強くてホシ5がもうひとつ。


やっと僧侶に★5の武器を持たせてあげられる!
あーもー、待たせてごめんよ、僧侶!

そんで、お決まりのように2駅先のスタバで


ハロウィンダークナイト。
どっちもおいしいなー。
ダークナイトの方は、ベリーなのに、ダークチェリー感があった。
どっちもおいしいなー。

銀英1章


夜は、銀英映画第一章、やっと鑑賞。

ラストシーンで、ワタシのキルヒアイスの未来を思い泣きそうになるなど。
ああ、ワタシのキルヒアイス……。

アニメは割と丁寧に進めてたけど、映画はざっくりいきつつ、大事な部分を丁寧に、という印象。
今から3章を思うとツライ……どう進むのかは知らんけど予測つくじゃん。

あと、映画見て改めて、ストーリーが長くて壮大だから仕方ないんだけど、キャラが魅力的に描かれてなくて、原作の何割減かしてるの、残念だな、と気付く。
仕方ないんだけど。

キルヒアイスもそんなに忠犬っぽくないし、なにより、オーベルシュタインはもっとイヤなやつだし、ミッターマイヤー、ロイエンタールも割りと普通の人で、時折クローズアップされるのなんで? って思われても仕方ないかなという印象。

ラインハルトも弱いからなー。
ヤンがすごく魅力伝わってる。

とはいえ、観ちゃうんですけどね。

今でもノイエのロイエンタールの髪型は、許していない。
あと、もっとハッキリとしたヘテロクロミア希望。(いまさら)

2019年10月14日月曜日

ロト装備!


嬉し過ぎて、ふくびきで出た画面をスクショし忘れたので、強化画面にて失礼します。

ロトのかぶと出た――――――!!!!!!
やっとロト装備が出たよーーーーーーー!!!!!!

あとは、つるぎ、よろいうえ、よろいした、たてだ!
って、4つもある……。


2019年10月13日日曜日

台風お見舞い申し上げます

台風被害が思いのほか甚大で驚きました。
お悔やみ申し上げます。
心から早い復興を、国や自治体レベルで進みますように。

東京23区も被害が出ていましたが、実際に感じたのは、東京の治水すげー、です。

電車などのことでブーブー言われますが、備えあれば憂いなし。
インフラ系、医療従事者などなど、どうしても動かなければいけない人たち以外、不要不急のお出かけはしないって、本当に大事。
って体感した感じ。

高校生の時、半年くらい新聞配達のバイトをしていて、夏に台風が来てて。
でも、配達はしなきゃいけなくて。
凄い風と雨で、重い新聞を載せた自転車は煽られるし、雨で道路は冠水してないけど川みたいにずっと流れ続けていて、側溝がどこかも分からない。
早朝過ぎて暗いしね。

結果、事務所を出て500mくらい行ったところで、誰かが排水のために開けていたんだろう側溝にタイヤがはまって転んで、新聞ぶちまけて、事務所に戻るという経験があるんだけど。

流石に、誰にも怒られませんでした。
ただ、配達をやり直したのと、なんども事務所と往復することになるけど、少ない数の新聞を載せて配達した。

のんびりしてると学校遅刻するから、そんな手間かけてられないんだけどね。
自転車が進まないんだからしょうがないし、怪我したくなかったし。
でも、時間に遅れると超速で苦情を言ってくる家には先に配達しなきゃいけなくて。

あんまり覚えてないけど、学校に間に合ったんだろうか?w
きっと覚えてないんだから、間に合ったんだろうな。
信じられないくらい時間がかかったのは覚えている。

そういう人たちも、仕事しなくていいように、おおらかにしてもらいたいなーと思う、社会には。

ワタシは、ちょっと頭が悪いから、怖いとは思わなかったけど、あと高校生という若さもあったからw
今なら怖いと思うのかもな。

そんなで、低気圧頭痛で起き上がれないこともあって、二日間ジッとぶっ倒れてました。

流石にカラダがおかしくなりそうだったので、DQWがてら、お散歩に出ました。


全然キレイに撮れなかったけど、彩雲がきれいだった!


風が強くて、雲が流れているね、上空は。
そういえば、台風一過、富士山がすごいきれいに見えていたなー。

目的地がないのも何なので、二駅先のスタバを目指すことにして散歩開始。
散歩というか、DQW開始。

歩いているうちに目的地の先にりゅうおうを発見したので、倒しに行ったり、住宅街を歩いていたら大きな歓声が聞こえてきて、これはきっとラグビーで盛り上がってるんだろうなーと思ったり、


ハロウィンレッドナイトフラペーーーGETしたり。

2時間くらいふらふら歩いていたけど、フラペチーノ一発でカロリー的にチャラだろうと思われます。

お腹の具合がまだ悪かったので不安だったけど、不安だったのに冷たい飲み物を買ってしまったので、ここからは即家に帰りました。

トイレには間に合いました。