2019年11月26日火曜日

いい風呂の日


フラペチーノの試飲、はじめてみた!
ので、貰った。
おいしいよ、アーモンド!

でも、ホットで飲みたいからホットを今度買いますね。

というわけで、まったく時間がない中、歩いている。


このイベント、全部クリアできないかもしれないと言う不安しかない。

稽古期間中は、必然的にゲームへの集中力が下がり、やりたいという欲求もなくなってくる。
本番が近くなればなるほどそうなるのだから、おもしろいなーと思う。

芝居に集中しだすと、他はどうでもよくなる典型的なパターン。
部屋は荒れ放題、仕事もしたくない、人間としての生活レベルが下がる。
バランス取れてる人、尊敬する。


帰宅したら、友人からのプレゼントが届いていたッ!!
かわいーマステホルダーとおいしいものと温泉情報w


おいしいものその1を早速食べた。
自分でセッティングするタイプの桃最中!
桃!
桃が桃だったッ!

お気遣いありがとうございます!
たくさんの人のほどこしと愛で生きてます。
心から感謝しますん。

と思い出したように、先週入手したアイテムを部屋に飾る儀式をはじめます。


このすっごく出来がよいスケアリーテディーのプラッシュドール。
今まで販売されたどれよりもよき顔、よきサイズ。
思わず予約をしてしまった子。


このキャットスタチューシリーズがヤバくてね……。
瞬く間に売れていくから、実物見たことあるのジャックしかないんだけど。

好みとしては、サリーが一番かわいい。
猫らしさ溢れる猫なので、サリーが手に入るならば、このシリーズ、手を出そうじゃない。
なんて上から目線でいたわけですが、この度、「サリー入ったよ」とご連絡を頂きましてお迎えしました。

海外ブランドゆえに、いつ入荷するかも分からぬ沼ではありますが、ジャック、ロック、ショック、バレル、ブギーの親分を手に入れるまで、気長に参ります。
ま、値段は全然かわいくないからね。

因みに、ブギーとバレルのあざとかわいいのたまらん。

次はいつ入荷するでしょうか。
猫入荷したら教えて、とまたお店の人にお願いしておかなければね。



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

2019年11月24日日曜日

Aはアサクラ でおくれた

眠い。
もっと寝ていたいという気持ちと、出かけなければ! という気持ちが葛藤。

決まり手、1時間30分押し出し。
理想的な到着時間をちょっと過ぎた頃合で家を出た。

自分が観たいものを、観たいから出かけているのに、恐ろしくテンションが上がらない。
だるくて仕方がない。
なんてこったい。
こんな気分でいるくらいなら、寝ていたほうが良くないか?
と葛藤を続けながら、目的地駅に到着。



ゴーリーフラッグだーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!

旗を見た瞬間に、別人かのように盛り上がる気分。
これだから無理やり来てみるもんなんだ。



というワケで、滑り込みゴーリー!
まだまだ時間があるなーと思っていたら、本日が最終日。
光陰矢の如し過ぎて引く。
時間、待ったなし。



なにこれ、かわいいね、練馬区美術館。



おおー。
八王子と全然違うじゃないかー!
装飾が!





しかも、メインビジュアルも違うじゃんねー。
八王子は、うろんな客のどっかのページがメインビジュアルだったけど、



練馬は、不幸な子供じゃんねー。
両方とも共通しているのは、表紙じゃないことじゃんねー。

……って違った?
不幸な子供だよね?
なんちゃら~クラムのちびっ子たちじゃないよね?

Mはマリモ こんがらがった。

つか、チケットかわいすぎるね。



色々あるロビーを見てから、入場

最終日だからーーー混んでるーーーーー。
この最初のコーナー抜ければ空くことは分かっているんだ。
でも、順番で見たいのこころ。

展示順番が八王子と違うから、なんとなく印象が変わって感じるんだよね。



時折現れるうろんくん。



本人と自画像が並ぶ第2展示室前。

最&高! でした。
素晴らしかった! でした。
だるさを押し切って出かけて正解。

しかし、点数が多いから疲れたー。


疲れた、座りたい、一服したいと思いながら歩いていたら、美術館の敷地にある公園は、彫刻動物園になっていることを理解した。

なるほど。
ネリマーマってなんだろう?
たぶんウマだろうけど……と思いながら探してみたら、


肩透かし感に苛まれたので、ドトールへ向けて歩くのです。
でも直ドトールではなく、ミネア、トルネコ、マーニャに贈り物を届けてから。
DQWのことですけどね。


喫煙席が、3席くらいしかない上に狭すぎて居心地が悪い。
ケーキなんか買わなきゃよかった!
と思うくらいゆったり出来ない。
席を確保してから買い物をするのだった……と反省しつつ、やっと休憩と補給。

思えば、なにも食べずに出てきてしまったのでおなかが減っている。
でも、ここではゆっくり出来ないなーーー。

と、電車に乗って池袋に着くと、偶然通りがかったところに「かがり」発見。
え?
銀座のかがりだよね?
あの超絶上手い鶏白湯のかがりが池袋に出来てたんだ!
しかも、並んでないじゃん、なんなの??

と思ったら、入店してた。


美しい。
そして、絶対に胃がもたれない鶏白湯!
おいしいんだけど……銀座で食べたときの感動がない。
2回食べて、2回ちゃんと感動したのに。
なんでだろ?

おいしいけど、なんか足りないのなんでだろ?

謎は謎のまま、満たされたら眠くなると言う人間味丸出しにしながら次の目的地へ。



滑り込み二軒目、スコープ!

今回のギミックは、面白い。
同時に3つライトを当てるんだよ、とのこと。

同時!? と思ったら、「わお、新しい」と、割とハッキリ声に出ちゃって恥ずかしい。
画廊、静かだから。
あと、上品だから。

こんな粗雑な人間に、好意的に接していただけて感謝します。

ざくろの中に、ざくろの部屋、の中にもざくろの部屋、の中にも……という合わせ鏡のような気の遠くなる細かい作品。

4つあるらしいけど、3つ目のざくろまでしか見えない。
見える目が欲しい。
今回もため息しか出ないよ、素晴らしすぎて。
あと、ちょっと怖い。

ザクロは血の味……でお馴染みの高階良子の所為だけど。

「17時に紙スコープの抽選をするのでよかったら参加されませんか?」とお誘いいただいたけど、これから稽古なので丁重にお断りしておいとました。

座りたい、座りたいと思いながら稽古場へ向かう。



あらあら、もうクリスマスですね。


今日のゴゴアメ朗読公演の稽古は、あすかたんと、ワタシのみ。

あやさんがハイテンションで、ろうそくと消すヤツを出して延々説明する。
その結果、稽古よりも先に、全体の流れのシミュレーション。

あーだこーだと、椅子の位置、移動、出はけ、諸々の流れのあと、朗読の稽古開始。

めっちゃいい感じの熱血ダメ出し中にタイムアップというミステイク(笑)
すごいい感じだっただけに、時間配分を間違えたことが悔やまれる日になりました。


結露が凄過ぎて、びっちゃびちゃの稽古場トイレ。
あすかたんとあやさんが超絶怖がっていた。

結露してるだけなんだけど、まあ、不気味っちゃ不気味ではあった。
そこまで怖がるほどではないと思ったけど。
恐怖の感受性の差異。


「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

2019年11月23日土曜日

ねむみ

眠いのです。
目覚ましをかけずに寝たい欲望と戦いつつ、起床。
品川WSの日は、早めにカラダを起こさないと、のどの負担が大きいことを学習したからである。

ああ、寝たい。
バカみたいに。

というワケで、品川WSミニミュージカルのお稽古。


自主練をしているグループや個人が散見されるようになって、すごいなーと思う。
ずーっとずーーっと努力している人も、急に努力している人もいるけど、結果に現れてるし、家での努力も分かる。

みんなの勤勉さを煎じてのみたい。

いっつも誰かしら台本忘れてくるけど、今日は貸出用台本が休業だったしね!
つか、台本忘れるとか、何しに来てんだよ、とは思ってたけど、セリフカンペキに入ってるなら持って来なくてもいいしねー。

役者あるあるだけど、旅行とか、長時間移動の仕事行くとき、絶対読む暇なんてないのに、台本持って行っちゃうんだよねー。
やっぱり読む暇ないから、ただのお荷物なんだけど。
なんだろうね、お守りと言うかw 罪悪感なのか分からんけど、持って行く、バカみたいに。
ということを、ふと思い出した。
品川のみなさんはそんなことしなくていいけどね!

そだ、最後のダンスの時間は特にみんな集中力がありました。
あすかたんには毎回ダンスの動画を送っていて、ダメ出しをもらってるんだけど、今日のメッセージは割りと重かったからね。
あすかたんのダメ出しが効いた印象。

ときどき来る先生の存在、大事。
結局、慣れるからね、ひとは。
あすかたん、い~い薬です!(懐)

そして、来年に向けての打ち合わせをやまと先生と。


腹ごしらえしつつ。

終わった瞬間に急いでゴゴアメ朗読のお稽古へ。


なごやかな空気なんだけど、ちゃんとキリっともしている。
まあ、ベテラン揃いだしな、当たり前といえば当たり前。
でも、芝居だと緩むときあるから、やっぱり稽古回数が少ないとキリっとするんだろうな。


さて、クリップの違いはなにを表しているでしょうか??



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)

2019年11月17日日曜日

コケモモを買おうと思ってもイチゴを買ってしまう



フィーカのハッロングロットルが大好きです。
これは、クリスマス限定のやーつ。
箱もかわいいから、なかなか捨てられない貧乏性。



好きな組み合わせ!

さて、今日もゴゴアメ朗読公演のお稽古。
全員出演する作品をはじめて詰めるよー。

面白い台本なので、声を出して笑ってもらえると思います。
けれどちゃんと吉永テイストの不思議なお話。

仕上がりにはまだまだ。
今日始まったばかりだからね。

さて、新たな解釈を提示されたので、未来の◯◯◯研究はっじめっるよーーー。
たのしい。





「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


2019年11月16日土曜日

ヘルタースケルター

本日は、ゴゴアメ朗読の終日稽古。
昼はワタシひとり。
贅沢な時間です。

あや演出は、稽古時間に本読みよりも、割とあやさんの考えとか、どうしてこうしたかとか、そういった話に重きを置いている気がします。

どうしてキャスティングしたか、ここで悩んだとか、そういった話を1時間くらいした後、稽古場で読むの3回目、しかもほとんどダメ出しされてないからまったく先が見えてないのに、いきなり簡易舞台をつくって立って読むことに。

これ、珍しい。

つまり、今回はホン、ホンの読み方、舞台の状況、全部が大事なんでしょうな。
聞かなかったけど。

キャンドルがね、クリスマスが近いから、キャンドルがね、舞台にあるんですよ。
そのこととか、立ち位置とか、やっと落ち着いたところで、お稽古。
が、はじまったと思ったら、指示が細かい&細かい&繊細。

「そんなこと出来るかわかんないけど、ここでグッと深く入って、すぐにふわっと出てきて」
「人が出来ることなのかわかんないけど……」

個性的な指示をもらって頑張っております。
ぜひに、聞きに来ていただきたいです。


夜稽古まで、ごはん休憩。
をしていたら、木村あっくんからゴゴアメLINEグループに、ニュース速報。

あららら。
沢尻エリカ、好きなんだけど。
最近、上手にドラッグと付き合っている感じの人がつかまるね。
復帰できることを祈ってます。

さて。
夜は真美子ママンとあすかたん合流。


ぐっと詰める。
一週間振りのみんなも着実に上げてきてるから変化が面白い。
今日は特にママンがすてきだった。

ゴゴアメは、一週間家で高めたものを稽古場で発表して積み上げるシステムだからホントに緊張感があって面白い。
そして、シビア。


ゴゴアメ朗読、5回目の参加。

クライマガコの恋と十三夜
クライマガコと雨ふりさざんか
クライマガコ、涼暮月
クライマガコのための遁走曲

で、今回の「クライマガコ、宵をゆけば」

自分なりに欠点とか問題点が見えてきていて、どうしても克服したいことがある。
「これで克服できるんじゃないか?」という作戦を実行している。
さて、どうなりますか。

この作戦、諸刃の剣なんだけど……ね。




「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


2019年11月15日金曜日

もみじ(こぞう)狩り

気温差で体調がやられています。
みなさんは大丈夫ですか???

ここ数日、ジッとしてました。
ジッとしてたんですが、夜になって久しぶりにやる気が出てきたので思い切って外出。

きれいだねー、東京駅。
さて、東京駅になにをしに来たかと言われれば。


ここ。
DQWで、もみじこぞうが湧くポイントだからーーーーー。


銀杏並木だけどね、あるのは。
だけど、もみじこぞうが湧いてくる。
もうちょっと近所にポイント欲しかったわー。

ベンチがあるので座ってプレイ。
寒くなったらぐるぐる歩いて、疲れたらベンチに座るを繰り返して、1時間30分?
くらいかな??
もみじこぞうが虹になってから終了!

こころSは、べつにいいや。

ちょうどロト券が貯まったので、帰りの電車でふくびき。


うれしーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!
やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


よろい下も出たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
売れしーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
あとはつるぎだけ!
つるぎだけだよーーーーー、欲しーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!



みっつも虹箱出るなんて、ここ数日具合悪かったご褒美かしらん?

全然関係ないけど


カルディのこれ、激旨なのでチョコミントが好きな人は買ってください。
すごいおいしいの、ほんと。



「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)


2019年11月11日月曜日

ほめられたと思っておこう

仲良しの上司から誕生日プレゼントをもらいました。



どうです。
大人の男性から、大人の女性へのプレゼントです。
よい上司を持ちました。
ありがとうございます。

さて、そろそろ「銀英」の第二章を観に行かなくては!
と思いながら、衣装の靴の件であやさんLINE。
すると、今夜映画を観に行くと言う話聞いたので、急遽便乗することに。

終わったら会おうと約束していたら、バッタリ入り口で会いました。



これ、撮ってるときに会ったw

さて。
一章より丁寧ですごく良かったですよ。
帝国側は、ロイエンタール、ミッターマイヤーが活躍した方が生きるよね。
どうしても大作だから、ヤンとラインハルト中心に進んでしまうけど、脇が絡んでこその楽しさってのは大事なものです。
と個人的には思います。

三章の予告で泣いた。
あんなの泣くに決まっている。

余談。
ゴゴアメの双璧と(あやさんから)いわれているあすかたんとワタシですが、あすかたんがミッターマイヤーで、ワタシがロイエンタールだそうです。
ま、そうですよねw あや・フォン・ローエングラム閣下。(でもあやさんはヤンが好き)


見終わって、あやさん、タキさんと合流して蕎麦で一杯。



そば屋さんで呑むなんて、大人じゃん!
と、割と大人になったのに思う。



〆のおそばが最高においしかった!

大人っぽい夜。
まったりと過ごせて楽しかったです。
あざます!




「午後から雨になるでしょう」プロデュースその9

朗読公演『クライマガコ、宵をゆけば』


ゴゴアメ好評企画、朗読による短編集。
今回は各短編が繋がるひとつの物語。
切り絵の展示と共にお届けします。
光と影のあやなす、真冬の宵の夢――

日程:2019年12月13日(金)~15日(日)
12月13日(金)     20時
12月14日(土) 14時/18時
12月15日(日) 13時/16時

※1階カフェにて切り絵展開催!
カフェ開場と受付は開演時間の1時間前、2階劇場の開場は30分前です
お早めにお越し頂き、ぜひ切り絵展をおたのしみくださいませ

会場:APOCシアター

作・演出:吉永亜矢
出演
大政明日香
浅倉万莉藻
真美子
村井美波子
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)

切り絵:松隈量
音楽:齋藤丈二 
音響:川上清美
照明:志村雅幸
舞台美術:摂津工房
フライヤーデザイン:林拓郎
舞台写真:本田光
制作:J-Stage Navi
協力:川原宏幸

前売り2,800円 当日3,000円
日時指定・全席自由
*客席数の少ない公演のため、ぜひご予約をおすすめいたします。

◯ チケット取扱い
J-Stage Navi:Tel.03-5912-0840(平日11:00~18:00)
ローソンチケット:Tel:0570-084-003【Lコード:33810】
Tel:0570-000-407(10:00~20:00)

◯ お問い合わせ J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)