2017年11月18日土曜日

目もお腹もおいしい一日  ◎くじ引きドレイオン2017メモリー付 417編

皮膚科、大混雑からスタートした土曜日午前中。
診察室からでっかい声で「インスリンは体に良くない!」説を医師にこんこんと唱えているおじいさまの声に辟易。
定年前の職業が医師だったら許す。
違うのならば、なぜ専門職の人ににわか知識を話せるのか?
摩訶不思議。

夜の予定がなくなったことが明らかになった待合室。
病院の自動ドアを出たら雨が止んでいた。
つまり、このままおでかけしちゃえばいいんじゃない?
思い立ったが吉日。

「いる」じゃん原画展へゴー。


えんぴつだけで黒塗りされているかと思いきや、紙が波打っているのでうっすらとグレーの水彩でものせている様子。
繊細。
原画だとなおさら構図が素晴らしく感じる。
波打つ線も好きです。

大体みなさんそうですが、アホほど書き込みをしていた作家さんは、どんどんシンプルになるね。
ザッツ洗練。
かくありたいものです。
これは絵だけどね、芝居とも共通すると思うので。

じっくり静かに堪能したかったけど、ブックカフェのお客さんが盛り上がっていて居辛くなったので撤退。
雰囲気、大事。

しかも、雨が強くなっている。
無念!
だが、なんとなくお散歩気分だったので麻布十番まで歩くことにする。

雨の西麻布!


なんか感動(笑)
たぶん、人生初の西麻布。
それが、雨の西麻布!

んでお目当ては、ドーナツ。
DUMBO!!
ずっと気になっていたドーナツ屋さん。

お持ち帰りを数点と、店内でフランボワーズをいただいた。


かわいい。
だけじゃなく、うまい。
はんぱない。
生地がもっちり、おいしい!
グレーズも走り出して叫びたくなるくらいおいしい!

ワタクシ、グレーズ苦手でね。
だいたい雑な砂糖がとけたヤツって感じがして、好きじゃないのですよ。
どんなにおいしいとこのでも、グレーズは好きになれないことが多かったのだけれど、ここは!
グレーズがうますぎて舐め続けたい。

好き。
大好き。
週1で通いたい。
本当は毎日だけど、週1で勘弁してやる。
好き。
食べてしまうとなくなる。
久しぶりにこの法則が切なく響いた。

お出かけすることにしてよかった!
もう今日は勝ったも同然だ!


そういえば、麻布十番にはもう一つ気になるドーナツ屋さんがあったなーと思いだし、テンションが上がりまくっているので探してみることにする。

あった。
見た目、フロレスタとかはらドーナツ系。
ヘルシーより。

「ただ今揚げたて!」

と書いてあったので、揚げたてのやつをすぐ食べます! と購入。


なのに、冷たかった。
カリッとはしたけど。
冷たかった。

フロレスタとはらドーナツの揚げたては全部あたたかい。
カリッとふわっと、幸せしか感じない。
それを期待してしまった。

つか、揚げたてってそういうことじゃないの?
お味はフロレスタ+はら÷2みたいな感じ。
おいしいけど、きっともう来ないかな。
フロレスタとはらドーナツは近所にあるし。
麻布十番はダンボだけでいいか。

さっきまでのテンションが嘘のように下がってしまった。
ずっと歩き回っているので、疲労も感じ始めるのだから人間とはいかに気分に左右される生き物であるか!

気を取り直して、ザギンのギャラリーで「TARUHO展」。


お目当は、桑原さんのscop。
色々な作家のさんの作品を見つつ、何度も何度もスコープを覗く。

こんかいもヤバイ。
どうやばいかって、こういうこと。

今回、はじめて写真撮影がOKであった!

光を当てる場所をかえると、どんどん表情が変わる。
これがスコープ。
本当にワクワクするし、どこまでも妄想の翼が広がっていく。
すごいなー、本当に。


これが、基本系(?)

ライトを当てる穴を変えると、同じ景色が


変わる。


変わる。


変わる!
写真で見るより、実物のほうが死ぬほどきれいで感動するよ。

写真を撮る前に、一応確認したら作家さんご本人が
「(ライト)当ててあげるよ! 撮りな!」
と気さくにライトを当ててくださった……。
(最後の写真がそれ)

恐縮です。
ありがとうございます。
尊敬しています。
大好きです。
とか、色々言いたいことはあったけれど、なにも言えなくて……秋。

ありがとうございますだけは言いましたよ。


ああ。
素晴らしいなー。
クリエイターって本当にすごい。
そこにしびれる憧れる。

うっとり帰宅しようと思ったけど、なぜか代々木のおもちゃ屋さんに寄ってしまう。
欲しいものがあったからなんだけど、値段が書いてなくてね。
お値段を確認に来たんだよ。


ショウウィンドーがクリスマスになっていた。
ハロウィン、終わっちゃったなー。

ひとまわり店内を見るも、お目当てのものが見つからない。
三周回ったけど見つからない。
店員さんに話しかける

「珍しくずっとぐるぐる回ってるから、なにしてるのかと思ったよ。」
んじゃ、いつも通り声かけてよ。
と思ったけれど、商品の問い合わせが先だ。

「え? そこにずらーーーーーって並んでない? あ、ない。
一昨日はすごいあったんだよ。
あたし昨日休みだったからさ、あ、なくなってるね、ちょっと在庫確認してくる」
と手間を取らせたものの、結果在庫なし。

「なんかね、ナイトメア好きじゃない人も今回買って行ってるんだよねー。
なんでだかわかんないけど」
というほど売れているらしい。

くそー。
たぶんまた入荷する、最新情報はツイッター、とアドバイスを受ける。
あと、予約するときはこうしろと裏話を聞く。
なにやら店員さんが増えて厳しくなったらしい。
ありがとうお姉さん。
出来る限りお姉さんがいるときに買い物に来たいものであるよ。
楽だから。

欲しいものは品切れであったが、思ったより金額も安かったし、次回入荷時には実物を確認して買おうと心に決め、思えば一日ドーナツ2個しか食べていないので、餃子を食べた。


並んでたら辞めようと思ったけど、店内で一人待っているだけだったよかった。
お腹いっぱいになったので帰宅。

タカシマヤスクエアは、今年ピンクなんだね。


夕飯代わりにお持ち帰りをしました、パッションフルーツをいただいた。


もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
うますぎる!

えっとですね、店内では出来たてなんでもっちり感がすごいですよ。
お持ち帰りは時間がたっているので、少し乾燥してしまっているのでもっちり感は弱くなるけどね、おいしいことには変わりなく。
持ち歩きはグレーズがとけるので、見た目が少し悪くなります(笑)

そんなの全然気にしないけどな!
明日にでもまた買いに行きたい!
ダンボ、ラブ。


~ふりかえり くじ引きドレイオン2017*メモリー 10漕ぎ目~

本日は……


417番 角矢えび氏


初演と同じ417番さんを、よりパワーアップさせて再登場。


ちょっとシニカル度がアップした気がする。


稽古中から気になってたんだけど、このマルがふっとぶシーン。


めっちゃ長いのに、


最後までずっと、この反った姿勢をキープしている。
もっと楽な姿勢があったはずなのに、これを選択するところにえびくんらしさを感じる所存。


この作品で随一のほのぼのシーン。
だと、ワタシは思っている。


一番と相棒感が増した今回、その代わり、417番さんとは違う関係性が生まれたと思っています。
ちょっとその辺は面白かった。
417番さんも少し接し方を変えてくれたし。


そして、長老との関係性も大きく変化して面白かった。
不思議なコンビだったなー。


みんな死ぬ気でロボを漕いでいたけど、初演のメンツの気合は、ちょっと違ってその小さな違いはみんなに影響をしていたはずで、ほんのり萌えていました。
後ろから見ているワタシはw