2017年12月29日金曜日

仕事、納めました

もう年末中の年末ですね。
どうっすか、皆さんも納め気味でしょう、仕事。
今年もお疲れ様でした。
年末年始関係のない方、お体に気を付けてがんばってください。


急にポケ森の話で恐縮ですがね。
昨夜、やっと全色花の種がそろったですよ。


今朝、咲いたー。
コツコツと交換を始めまーす。


というわけで、本日お昼休み、定期パトロール(ネットサーフィン)で事件発生。
輸入おもちゃ屋さんが仕入れた新商品が、内臓全部吐き出すくらいヤバイ。
最近、(個人的には)不発が多かったので、完全に不意を突かれた。
だって、ハロウィンもクリスマスも終わってるし。
つまり、ナイトメア関連ってことです。

最終日ってこともあり、急ぎの仕事もないので、そわそわが止まらない午後。

なんてタイミングが悪いんだ!

ちょうど昨日、今年はクリスマスに何も買わなかったし(大体毎年、なんかしら理由をつけて欲しいものを買うことにしている)、誕生日も特に買ってないし、優先順位をどんどん落とされて、欲しいけど買えていなかったものをポチってしまったんだ。
しかも、今朝、入金してきた。

昨日のうちにブログを更新しておいてくれれば、ポチらなかった!

正直、輸入おもちゃ屋さんなので、価格がかわいくない。
現地で買えば2~3000円のものでも、郵送代でボボンと跳ね上がる。
だから、基本、かわいくない金額だ。

今回も、当然かわいくない金額だ。
しかし、グッズの質などから考えれば、そこまで高額ではない。
輸入の嗜好品として適正だなと思える金額だ。
だから、性質が悪い。

だって、買わない理由にならないじゃーーーん。
買う理由にしかならないじゃーーーーーーん。

乱れる。
心が乱れる。
結局乱れっぱなしで、仕事を納めた。

そして、おもちゃ屋さんに向かってすごい勢いで歩いていることに気付いた。
急に冷静になる。

落ち着こう。
そこそこ生活を圧迫するレベルの買い物になる。
昨日、ポチったものもあるし。
贅沢品だ。
ワタシの生活に必要不可欠かと言われればそうではない。
いや、必要不可欠だ! うるおい、大事!
しかし、死にはしないだろう。
うるおいが無くなれば、人は死ぬ、だって人間のカラダは70%水分!
そのうるおい関係ある?!
ある! ゼッタイにあるッーーーー!

恐ろしい脳内会議がはじまった。
全然冷静じゃないじゃん、オレ。

本格的にクールダウンするために、店に駆け込む。


わーい、チョコミントー!
ためいきの代わりにタバコの煙を吐く。



……

………

…………とりあえず、現物見る?
ありだね。
画像よりちゃちかったら、辞めればよくない?
うん、そうだね。

でも、見たら絶対買うよね?
そんなことないんじゃない?
そうかな?
そうかな?
そうだね。
そうだよ。

話はまとまった。
本体のワタシは、流暢な日本語を操るヨーロッパの香りがする男性にライターを貸していたわけだが、脳内会議はしっかりと幕を下ろすのだから大したもんだ。


さあ、行こうか。(仙道の口調で)


店に着くと、仲良くしているお姉さんは不在だ。
最近たまに見る若いお姉さんしかいない。
これは、買わずに帰るのが楽になる絶好のスタッフ配置。

現物を確認する。
これは……カンゼンニカワイイ。
買わない理由が亡くなった。
いや、なくなった。

光るというギミックがあるのだが、そのスイッチが最高にイカしているぜ!
買う理由が増えた。

まだ在庫はあるし、再入荷の予定もある。
慌てなくてもいいけれど、再入荷の予定はあくまでも予定だといういつもの説明を聞き流す。

「買っちゃいましょうーかねーー!」
とんでもなく軽薄に宣言。
そんなノリで大丈夫?! みたいな顔をされたけど、大丈夫。

生活は切り詰めればいい。
正月は引きこもればいい。
もう、何の約束も入れなければいい。
すでに入っている予定以外はお断りすればいい。
今、手元に現金があるのだから迷うことはない。
異議なし、異議なし、異議なし。

脳内のみなさん、満場一致。
会議、お疲れ様でした。

「かなり重いんで気を付けてくださいねー。
本当はゼロだから、重いはずないんだけどね」と店長さん。

「幸せの重みですね♪」と定型文で返す、気の利かないワタシ。

「珍しくない?」奥から大き目の袋を持って現れたいつものお姉さん。
「なにが?」
「最近、来るの遅すぎて大抵買い逃してるじゃん」
「それ、先月の話でしょ? つか、そんな悲しい思い出、思い出させないでほしいね」

あまりよく知らない若いお姉さんが対応してくれていたのでアウェイ感があったが、一気にホームに変化。
逆に若いお姉さんにアウェイな空気が移動してしまって申し訳ない。
ごめんなさい。

心の中で謝罪して帰宅。

見て。


ゼロのブックエンド。
かわいさと素晴らしさしかない。
これぞ、正義。
ジャスティス!
幽霊犬だから、本をすり抜けると、もうキュート過ぎる。


光るの。
あー、かわいい。
スイッチが、ちょっと擬態してる、最高にクール。


左上のぼっこりしたとこがスイッチ。


こっちは、白いぼっこり。
ハイテクノロジー!
略して、ハイテクーーーーー。

さて、この子の定位置は、どこにしましょうかね。

そして、年末年始は引きこもります。