2017年6月23日金曜日

冒険へ

ワタシはマリモ。
バトルマスターだ。

アレフガルドの王から
「魔物を倒す能力を持つ勇気ある冒険者を求む。腕に覚えのあるものは城へ集え」
と徴集がかかったので城までやってきた。


(注意:ドラゴンクエスト ザ リアルのネタバレになるので、知りたくない人は読まないでください)


元は武道家だったワタシの得物は、ドラゴンクロー。
今は稲妻の剣(※1)を相棒としている。

友人の賢者と、城に入るとタブレットに名と職業をかけと言う。
身分が明らかでないものを城に入れるわけにはいかないだろう。
記入したのち、武器を確認され、酒場で出会った女性二人を加えた4人パーティでアレフガルド王に謁見。
不思議と王のお言葉を、冒険者たちは基本的にスルーしている。

我々も特に話すことがなかったので、ぼんやりみつめていた。
話しに聞くほど愉快なやりとりを聞くことはできなかったのは残念だったが、王と言う仕事も大変なのだろうことは伝わってきた。

依頼内容詳しく話す、と部屋に案内された。

その光の玉が飾られた部屋には、シスター二人と、兵士が一人いた。
刹那、稲妻と共に兵士が何者かに操られ光の玉を盗んで去ってしまった!
なんと言うことだ!
諸々理解する前に元々のモンスター討伐ではなく、光の玉を奪い返すことが任務になってしまった。
土地勘のある機敏な動きのシスターに案内してもらい、操られた兵士を追った。

するとスライムやドラキーが現れた。
雑魚雑魚雑魚ぉおおおおお!!!
ワタシを誰だと思っているんだ。
バトルマスターだぞ。

モンスターを一掃して移動すると、先程よりも強いモンスターにエンカウント。
友人の賢者の敵ははぐれメタルじゃあないか!
倒してみたい敵であった。

続々と現れるモンスターをなぎ倒した我々は、更に光の玉を奪った兵士を追った。
ここまでで随分とレベルがアップしたように思う。

俊敏な動きのシスターの案内が俊敏過ぎて、駆け足での移動を余儀なくさせられる。
これは子どもの冒険者はたまらんだろう。

一瞬で移動していくシスターを追って行くと……
キラーマシーンが現れた!
想像以上に大きい。
一瞬見とれてしまう。

が、こいつは今までの敵と違い、攻撃力が格段に高い!
このワタシがはじめて防御を使った……。

しかし、難なくキラーマシーンを倒した我々は、いよいよ敵を追い詰める……と、光の玉を奪った竜王(人)が……!!
これはまずい、今までのモンスターとは格が違う強敵だ……。

すると、大きさ的にも完璧なトルネコがやって来て、呆然と竜王と対峙する我々をよそに慌てふためいている。

刹那、異次元からレジェンドたちが登場。
マーニャ、テリー、ゼシカもいる!
彼らがあっという間に竜王(人)を倒してくれたおかげで、我々は戦わずに済んだ……と思いきや、人の姿をしていた竜王がみるみる大きなドラゴンへ変態するではないか!

防御を怠ると2撃くらいでやられてしまうだろう。
強敵だ!!

気付かぬ間に現れていたアリーナ姫に励まされながら、我々は竜王を倒すことに成功した!

終わってみれば、楽勝と言える戦いだったように思う。
アレフガルドの王の元に返ってきた玉は光を取り戻し、伝説のロトの紋章が浮き上がる。王からお褒めの言葉を授かった。

アレフガルドの平和は守られた。
依頼を完遂出来たことに満足した我々は、静かに城を去った。

まだまだ次なる冒険がワタシを待っている。
勇者になるべく、戦いは続くのだ。



というワケで、USJに行ってきた次第。


もちろん、お目当てはドラゴンクエスト ザ リアル。

2回プレイしたんだけど、初回が武道家で、二回目はバトルマスター。
2つとも初期レベルは20。
レベルアップしても、最高レベルは24と同じだった。

必殺技が強力で、2種類あるという優位性くらいかな?
上級職は。

武器を振り回しているのは楽しかった!
武器って言っても、センサーで反応する剣先がないフェンシングの柄部分みたいなやつだけど。

武器は一瞬だけ、鏡のようなモニターで写される。
武器を持っているように見える映像が見られるので楽しかったのだが、一瞬過ぎてかなしい。
武道家は、ドラゴンクローだったんだけど、バトルマスターの武器がセンサーの反応で一瞬しか見えなくて、稲妻の剣っぽくはあったけど、違う剣だったような気もする……。

王様謁見の間から移動するときに、あの効果音「ザッザッザ」が鳴って、テンション上がったけど、そこ以外で効果音はなくて、ちょっと残念。
レベルアップ音、あってもいいと思ったなー。
あったのかな?
だとしたら、ボリュームの問題で聞こえてない。

光の玉が奪われるときの兵士さん、一回目の人より二回目の人(シスターは両方同じ人たちだった)の方が、動きのキレ、芝居全部素晴らしかった。
休憩明け直後とか、関係するのかな、やっぱり。

バトルは最初の2戦は、巨大なモニターの中のモンスターと戦うから、パーティのレベルアップもステータスも見えるし、自分が与えたヒットポイントも見えるから、「戦っている感」があるんだけど、キラーマシンと竜王は大きな動くロボだから、ヒットポイントが映像で写される演出はいいんだけど、基本、必殺技で倒さないと勝てないからゲージが溜まるのを小さなモニターを見てるわけです。

すると、敵(キラーマシンや竜王)をそんなに見ていられない。
つまりゲージが溜まった⇒技を出すを繰り返していると、ダメージを与えている表示はモニターで見られないので、戦っている臨場感が下がるという事態に。

これは、残念でした。

レジェンドキャラクターがモニター内で竜王と戦っているのも面白かったけど、本音を言えば、自分で戦いたかったし、人型からドラゴン型に変化する演出も見たかった。
(これは、25周年のドラクエ展でやってたけどね、今の技術だとどう出来るかって言うの、期待しちゃう)

因みに、トルネコのキャストさん、めっちゃトルネコだった!
ミュージカルの芋洗坂係長に迫る勢い。

で、最後の竜王戦、部屋に入ると即戦闘が始まるシステムだから、周りを見ている時間も余裕も隙もないんですよ。
しれっと部屋の下手の台かなんかにアリーナがいて(このアリーナもかわいかった! しょこたんの方が可愛いけど)、1回目のプレイの時なんて、戦闘終了後、送りだしてくれる時に初めて気づいたからね(苦笑)

2回目は意識してみてたけど、すっごい戦闘中にいろいろしゃべってくれてるのに、生かされてない。
スピーディーな運営を目指した結果、演出が死んでしまっている。
これは残念。
キャストさんもかわいそう。

8人1グループで1プレイだから、スピーディーな運営が求められるとは思うけどね。
因みに、8人で最初の部屋に入って、各シスターそれぞれに連れられ4人パーティーずつに分かれて、トルネコの部屋で合流という流れ。

たまたま2回プレイでそれぞれ違う進行のシスターに案内されたからわかったけど、最初と2回目のバトルの部屋、ほんのちょっとデザインが違うの。

やっていることは変わらないから、アレだけど、コンプリート感あったので、好きな人は2回はやった方がいいと思います。
ドラクエ好きじゃないと楽しめないアトラクションだとは思いますが。

色々残念な点は書きましたが、またやりたい! って思うし楽しかった。

楽しみにし過ぎて、気合を入れて装備も完璧にしたし(笑)



手荒れが酷いから、最近ネイルしてなかったんだけど、久々にやったら楽しい……やっぱり、ネイル楽しい。
ちょっと失敗してるけど、スライムとバブルスライムね。

我ながら、ハリキリガールでしたよ(笑)

ドラクエメインで行ったけれど、ハリー・ポッターも好きなので、USJには行ってみたかったのだずっと。
映画よりも原作派ではありますが。

いやー、やっぱいいね、ホグワーツ!




バタービールでひげも作った(笑)


ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーは、すげー面白かった―!
また乗りたい! また乗りたい! って思うほど楽しかった。

けど、吹き替え版をほとんど見てないから、ハリーやハーマイオニーの語りかけに、声だけだと「お前誰だ」ってなるから、吹き替え版好きな人より楽しめなかったかもしれない(笑)

お店もいちいち全部かわいかった。
いちいち手が込んでいて、素晴らしい。







ワンドマジックしたかったけど、杖が高いからまた今度(笑)



オリバンダーさんの店で、杖選びのショウも観た。
選ばれたのが西洋系の少年で、世界観が完璧であったーー!



あと面白かったのは、フライングダイナソー!
乳が痛い(笑)

ジュラシックパークザライドは、普通かな。

進撃の巨人は、並ぼうとしたらもう締め切られて間に合わなかったのが残念だったけど、エヴァンゲリオンXRライド、全然期待してなかっただけに、申し訳なく思いました。
すっごい面白かった!
カジくんと一緒にね、脱出しましたよ(笑)

最後に、ゴジラ・ザ・リアル4D観て終了だったかな?
足元に水来るし、非常に楽しめました。

割と乗った方じゃないかな?
バカみたいに天気よかったけど、閑散期だけあって空いていたんだと思います。
まだから行ったんですけどね。

USJは、興味ないエリアには近づかない分、アトラクションの選択肢は絞られるかもしれない。
そして、コスプレして来場する人の気持ちは非常によくわかりましたよ。
個人的は、パーク内で楽しむ程度の効果だと思っていました。

しかし、土地柄なのか? 教育なのか?
勇者フードタオル被って歩いているだけで、「勇者様!」ってキャストの人が声掛けてくれるし、爪もめっちゃ指摘してくるし、「余分な部分のキャストの盛り上げ力」がすごいから、コスプレして来たら、100倍楽しいだろうと思ったのでした。

こっそり「勇者様……ですか?」と聞いてくるキャストさんには
「あ、ショナイで……お忍びなんで……」とか、こっちのリアクションも変えられるのも楽しかった。

コスプレする人が、人との対応のリアクションを変化を好んでいるかは知らないけど、少なくともワタシは楽しかったなー。

ホグワーツの生徒になってブラブラしたくなりました(笑)

楽しい一日になりました!
人気商品ゆえ、朝一で買ったキンスラポップコーンバケツは、夕方に通りかかった時にはすでにソールドアウトしてたので、欲しい人は早めに買っておいた方がいいアイテムですよー。



また、行きたいかも。
ジョジョは4Dの映像だけだから、時期をずらして来場しちゃったけど、よく考えたらグッズ欲しくなるかもしれない疑惑。

おっかない。
ステキなグッズが出ないことを祈りたい……。