2017年8月13日日曜日

マリモの奇妙な冒険~欲望は砕けない~その1.杜王町へ向かう

東京、曇りなんだか晴れなんだか。
早朝は涼しいな、なんて思っていたのもつかの間、蒸し暑くて汗が出る。
お出かけするのに汗をかきたくないというのに……。


朝5時。
なんとか起床。
まだ暗い。

相変わらず年齢を顧みない強行スケジュールの節約の旅行。
いつになったら高速バスを卒業できるんだろうか。
体が悲鳴をあげるまで。
行けるとこまで高速バスだろう。

さて。
本日、待ちに待った杜王町へ旅立ちます。
折角の杜王町。
「可愛いぜ!」と買ったものの、つけるシーンがなかったために仕舞い込まれていたこの子の出番。


吉良蝶ネクタイ。
カワイイ。
おめかし感がUP。


もちろん、ネイル装備も完璧です。
見て。


左手、吉良イメージ。


右手、4部承太郎と露伴てんてーイメージ。


我ながらかわいく出来たと満足。
よくよく見ると、恐ろしく雑なのだが……ね。


ワタシには、早朝の高速バスに乗る前に朝マックを買う習性がある。
こんな時しかマックに行かないけれど、朝マックのハッシュポテトが好きなので、こういう機会に購入することにしている。
ソーセージエッグマフィンのセットを購入。


だのに。
だのに。

ハッシュポテトを入れ忘れられるという事件が発生。
怒りに震えるも、これが厄落としになって素晴らしい一日になるはずだ!
と信じて出発。


バス出発直後、爆睡。
爆睡しながらも、バスの揺れがおかしいことを感じる。
時々スピードが出ていない。
おかしい、絶対におかしい。

でも、寝続ける。

休憩所に着く、バスを降りる。
おかしい、いつもと違う場所。
おかしい。
これは完全に予定が狂っているやーつじゃないだろうか?

運転手さんに話しかけてみる。
お盆渋滞にハマっていると彼は言う。
遅延時間の予測はできないと更に言う。

・・・・・・そうなのだ。
ワタシはいつもお盆を避けて行動していた。
これがイヤだったから避けていたのだ。
でも、諸々も都合を考えたらここで行くしかなかったから仕方ないのだけれど……。

普段避けていたこと故に、「渋滞にはまる可能性」を考えていなかった自分の甘さに辟易する。

杜王町在住の友人にバスが遅れている、予測不能であることを連絡。
次の休憩所で状況をまた追って連絡するとLINE。

焦っても出来ることなど何もない。
だから、寝る。
相変わらず体を伝う振動は、好調な運行ではない。

運転手は、クレームにつながるからか、詳細な情報をくれない。

ふと、自分が手に持っているスマホで何でも調べられることに気付いた。
なんで今の今までその発想がなかったのか?

それは、このように高速バスを利用してふんふふんと移動する生活が長すぎるの原因である。

その昔、東北自動車道はところどころ圏外じゃったぁ。
そして、基本的に電波が悪かったのじゃ。
ゆえに、頭のどこかで「ケータイは使えない」と刷り込まれておったのじゃろう。
wi-fiなんてありゃせんかったんじゃぁ。

というワケで、頼むぜ、グーグルマップ!

現在地……なんと、もう福島に入っていなければならないのに、未だに北関東。
これは絶望的だと判断。

杜王町のいる友人たちに、

(展示会は整理券入場なので)先に整理券を取って、二人で先行してください。
見終わったらワタシの分の整理券をお願いします。
杜王グランドホテルやカメユウ(物販)に行くなら……と購入リストを送付。

委細承知の返信をいただく。
本当に頼もしき友である。


19時まで入場できるのに、急いで対策を練ったのには理由がある。

19時30分から、杜王町在住10年ぶりに会うNちゃん。
お盆で帰省しているT氏(東京の友達だけど)。
そして、その前から落ちあう予定だったOさんと北海道へ嫁に行ってこちらも帰省中のMさん。
旧友が揃う滅多にないチャンスゆえに、飲み会を予定しているからなのだ。

旧友といっても、ワタシだけ大人になってから出会っているのでアレだけど。
彼女たちがいなければ、ワタシは杜王町には縁もゆかりもない。

そんなワケで、遅れて到着するからには、その遅れを取り戻す作戦が必要だった。
荷物もスケジュールも積め込み過ぎ注意!
なのだが、最大限に詰め込んでしまったのだから仕方がない。

あまりなめた態度をとるんじゃあないぜ。
おれはやると言ったらやる男だぜ。

承太郎も言っている。
なので、ワタシもやると言ったらやる女なのだ。

そんな女も、朝食から5時間も経てば腹はへる。


昨日見かけた衝動買いしたチョコミントベーグルをもぐもぐ。
つか、これ6月限定ベーグルじゃなかったっけ?
まだ売っててくれるのは有難いけど。


ベジータ(仮名)から「パパブブレにいるけど、買う?」というハンパないLINEが入る。
やっぱおめぇはすっげぇやつだなッ!
優秀すぎる!
昨日も14時くらいには品切れしていた様子なので、即行お願いする。

また一つ、今日と明日の予定が消化されていく。
添付されていた画像を見て、ソールドアウトは免れたけど、店内装飾は見に行こうと心に決める。

頼もしさ満点の友たちに支えられ、寝ているだけで色々が物事が進み、やがて杜王町に到着した。
きっかり2時間遅れだった。

to be continued⇒